Shoichi Watanabe Photography

写真家 渡邊翔一のブログです。掲載誌や撮影会のお知らせや 機材や考え方なども綴ります

6/8(木)ニコンカレッジ 宮田昌彦先生『広角レンズの明るい絞り側を使った花や街角で旅写真の撮影講座』

6月ひとつめのニコンカレッジアテンドです。

昼過ぎからの会なのでゆったり参加です。この日はとても良い天気で汗ばむくらいの陽気でした。

テーマが『広角レンズの明るい絞り側を使った花や街角で旅写真の撮影講座』だったのでいつもどおりの14-24mmを持っていきましたが、超広角は無しでということだったので、35mmのF1.8をお借りしてそれで撮りました。

このレンズ、50mmのF1.8と比べるとAFなど挙動が良いように感じました。とても軽いし良いレンズだと思いました。

 ご覧の通り、かなりの盛況です。

f:id:show1photo:20170609121126j:plain

太陽も強く、光と影に着目した撮影が出来ました。

f:id:show1photo:20170609121142j:plain

開放付近で撮っているので、噴水の水もバチッと止まります。

f:id:show1photo:20170609121155j:plain

奥はテニスコート。目で見るとしっかり見えるのですが、明暗差が凄いので撮影するとうまいこと飛んでくれています。 

f:id:show1photo:20170609121208j:plain

お題からちょっと逸れて自転車をブラすためのスローシャッター1/10秒。天気が良いのでしっかり絞り込んでいます。35mmでも十分遠近感は出ていますね。

f:id:show1photo:20170609121218j:plain

 明暗差がある、ということはシルエット撮影もバッチリきまります。

f:id:show1photo:20170609121238j:plain

 

撮影実習の後の懇親会はイタリアン、こちらもたくさんご参加いただき盛り上がりました。先生のファンの方にも支えられ、良い雰囲気の会となっています。お疲れさまでした。

recept.nikon-image.com